iPhone13ProでAppleWatchを利用したFaceIDロック解除ができない

フルディスプレイのiPhoneでは指紋認証が使えないため、マスクをしているとFaceIDが利用できずロック解除するためには解除番号を入力しなければならず、iPhoneユーザからは結構「めんどくさーい」って意見が出ていますよね。

今回のiPhone13でディスプレイ埋め込み型のTouchIDが搭載されるのでは?と言われましたが、それもなく、今まで通りFaceIDのみとなっています。

そこで活躍するのがAppleWatchです。AppleWatchを装着していると、FaceIDを回避できるという機能がiOS14から実装され、私も便利に使っています。

ところが、iPhone13Proに機種変してからこれが利用できなくなったんです!

以下が設定した際のキャプチャです。

やり直す、をタップしても、ずーっとこの画面が無限ループして、有効にすることができません。

ということで、色々調べてみると、どうも私だけではなく一般的に発生しているようですね。Appleのサポートに連絡しても、把握はしているが対処法がないという口コミもありました。

もしかしたらiOSをアップデートしたら治るかな〜と思って、iOS15のベータプログラムに参加し、「iOS15.1 Public Beta 1」をインストールしてみましたが、残念ながら症状は回復しませんでした。

これ、この機能って外出時に使えないと本当に困るんですよねぇ。AppleWatchがなくて知らなかったら気にならないと思うんですけど、一度使っちゃうともう手放せない機能というか、無いと困るというか。

早く症状回復して欲しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする